大手キャリアから格安SIMまで!2020年の学割徹底解説

比較記事

Docomoの学割

内容最大12ヶ月間の月額料金割引
・ギガライト :-1,000円/月
・ギガホ:-1,500円/月
対象年齢申し込み時に25歳以下であること
条件新規・乗り換え、またはFOMA(ガラケー/キッズケータイ/らくらくフォンなど)からの機種変更
申し込み期間~2020年5月31日
鬼B
鬼B

『学割』と『ギガホ割』は併用できない点に注意!

Docomoの学割料金例

 ギガライト
1GB〜7GB
ギガホ
30GB
シチュエーション家族割なし家族あり家族割なし家族割あり
プラン料金2,980円〜5,980円6,980円
学割-1,000円×12ヶ月-1,500円×12ヶ月
みんなドコモ割-1,000円
(家族3人)
-1,000円
(家族3人)
ドコモ光セット割〜2GB:割引なし
〜3GB:-500円
〜5GB:1,000円
〜7GB:1,000円
-1,000円-1,000円
月額1,980〜3,980円980〜2,980円4,480円3,480円
鬼B
鬼B

3回線以上の家族グループに入る場合だと『みんなドコモ割』がフルで効くので、ギガライト1GBまでの利用なら月々たった980円です。

auの学割

内容

最大12ヶ月間の月額料金割引
(最大6ヶ月割引)
・auフラットプラン7プラスN:-500円/月
・auフラットプラン20N:-1,020円/月
・auフラットプラン25 NetflixパックN:-1020円/月

(最大12ヶ月割引)
・auデータMAXプランPro:-2,400円/月
・auデータMAXプラン Netflixパック:-2,400円/月

対象年齢申し込み時に25歳以下であること
条件新規・乗り換え・機種変更
申し込み期間~未定(2020年5月31日予定?)
鬼B
鬼B

『学割』と『スマホ応援割』は併用できない点に注意!

auの学割料金例

 フラットプラン7プラスN
7GB/SNSデータ消費なし
データMAXプランPro
データ無制限
シチュエーション家族割なし家族割あり家族割なし家族割あり
プラン料金5,480円8,980円
学割-500円×6ヶ月-2,400円×12ヶ月
家族割プラス-1000円
(家族3人)
-1,000円
(家族3人)
auスマートバリュー-1,000円
合計3,980円2,980円5,580円4,580円
鬼B
鬼B

au学割はライトなプランでも7GBからですが、最安値の価格だけなら他社と比べて高めですが、Docomoのギガライトで7GB使うよりもSNSのデータカウントフリーがついている分、同じ価格で再現できるならauの『フラットプラン7プラスN』の方がお得度は高いと言えます

Softbankの学割

Softbankの学割は2パターンに分けられます。

内容・基本プラン980円が最大6ヶ月無料※ウルトラギガ/ミニモンスター両プラン
・1年間ギガ使い放題※ウルトラギガモンスターのみ
対象年齢申し込み時に5歳以上22歳以下であること
条件新規・乗り換え、機種変更
申し込み期間~2020年6月1日

内容スマホデビュープラン(音声+2GB)が1年間980円
対象年齢申し込み時に5歳以上15歳以下であること
条件新規・ケータイから乗り換え・ケータイから機種変更
申し込み期間~2020年6月1日
鬼B
鬼B

Softbankの学割はDocomo,auと比べて対象年齢が低いことに注意!

Softbankの学割料金例

 スマホデビュー割
1GB+5分かけ放題
ウルトラギガモンスター+
50GB
シチュエーション家族割なし家族割あり家族割なし家族割あり
プラン料金2,480円7,480円
必須オプション準定額オプション500円
5分以内かけ放題
学割1年間1GB追加-980円×6ヶ月
1年間データ使い放題
みんな家族割+-2,000円
(家族4人)
おうち割光セット-1,000円
1年おトク割-1,000円×12ヶ月
1GB専用割引-1,000円-1,000円  
合計980円4,500円2,500円
鬼B
鬼B

Softbankの『スマホデビュープラン』は、Docomoのギガライト と同じ980円ですが、5分かけ放題がついてることや、家族グループを組む必要がない点や光回線とのセット割も必要なく、最安値価格を再現しやすいのがポイントです。大容量の『ウルトラギガモンスター+』については学割が6ヶ月間と少ないですが、その分1年間はデータ無制限で使えます。また、Softbankは家族割が最大4台まで割り引かれるので、その分家族割は他社より500円ほどお得です

Y!mobileの学割

Y!mobileの学割は、その家族も対象という点で大きなメリットがあります。

内容13ヶ月間の基本使用料を毎月1,000円割引
※スマホベーシックプランM/Rが対象
対象年齢申し込み時に5歳以上~18歳以下であること。
条件新規・のりかえ・番号移行(Softbankからの乗り換え)・PHSからの契約変更であること
申し込み期間~2020年6月1日

家族の場合も内容は同じですが、学割の適用された回線と同じグループである必要があります

鬼B
鬼B

『おうち割』と『家族割』とは併用できない点に注意。

Y!mobileの学割料金例

 スマホベーシックプランM
9GB
スマホベーシックプランR
14GB
シチュエーション家族割なし家族割あり家族割なし家族割あり
プラン料金3,680円4,680円
学割-1000円×13ヶ月
家族割 2回線目以降
-500円
 2回線目以降
-500円
新規割-700円×6ヶ月
データ増量無料キャンペーン1年間
9GB→12GB
1年間
14GB→17GB
合計1,980円1,480円2,980円2,480円
鬼B
鬼B

Y!mobileは10分かけ放題がプランに付属しており、この内容でこの価格はかなり安いですよね。学割の人と同じグループで契約すれば家族も学割の恩恵を受けることができます

UQモバイルの学割

Y!mobileと同じくUQモバイルの学割も家族まで恩恵を受けることができます

内容半年間または13ヶ月間の月額料金割引
・スマホプランS:-500円引き×13ヶ月間
・スマホプランM:-1,000円引き×13ヶ月間
・スマホプランL:-1,000円引き×6ヶ月間
対象年齢申し込み時に5歳以上~18歳以下であること。
条件新規・乗り換え、機種変更
申し込み期間~2020年5月31日

家族の場合も内容は同じですが、学割の適用された回線と同じグループである必要があります※『スマホSプラン』については家族は割引対象外

鬼B
鬼B

UQ,Y!mobileは内容がだいたい同じですが、Y!mobileよりも低いライトプランでも割引を受けれるメリットがあります。

UQモバイルの学割料金例

 スマホプランS
3GB
スマホプランL
14GB
シチュエーション家族割なし家族割あり家族割なし家族割あり
プラン料金1,980円3,980円
学割-500円×13ヶ月-1,000円×6ヶ月
家族割-500円-500円
データ増量無料キャンペーン13ヶ月間
3GB→4GB
13ヶ月間
14GB→17GB
合計1,480円980円2,980円2,480円
鬼B
鬼B

ライトプランの『スマホプランS』は3GB使えて980円という安さは良いですね。『スマホプランL』については料金こそY!mobileと同じものの、Y!mobileには10分かけ放題がついていたり、学割期間も13ヶ月間とUQモバイルの倍の期間があるので内容ではY!mobileに劣ります

まとめ

ライトプランなら『SB』か『UQ』

ライトプラン最安値は980円で、SoftbankとUQモバイルの2社です。

Docomoも最安値は同じく980円なのですが、使ったデータ量に応じて料金が変わる上、たとえば2GBまでに抑えてもかけ放題がついているSoftbankには劣りますし、上限の7GBではauのプランなら同じ料金に加えてSNSカウントフリーがつきます。その間に抑えたところではY!mobileとUQモバイルの方がお得です。

Softbankは2GB+5分かけ放題、UQモバイルは3GBと、通話を取るのか?データ量をとるのか?悩ましいところですね。

とはいえ、UQモバイルは家族割を適用させての最安値なのに対し、Softbankは単独で最安値を実現できる手軽さがあります

Softbankと契約するなら必ずキャッシュバックを貰いましょう。
Softbankのオンライン代理店比較

大容量プランならY!mobile

Y!mobileの『スマホベーシックプランR』は1年間14GB→17GBにアップグレードし、なおかつ10分かけ放題がついて2,480円です。家族でまとめられなかったとしても2,980円なので十分でしょう。家族でまとめられるなら、グループ内の他の家族も恩恵を受けれるので家庭内の出費はかなり抑えることができます。

条件が整っているなら、もともと50GBある上に、1年間データ無制限で使えるSoftbankの『ウルトラギガモンスター+』が最もオススメです。家族4人のグループを組めたら月々2,500円ですし、『おうち光割セット』が適用できなくても、この内容で3,500円なら十分過ぎるほど十分なのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました