【知らないと損!】Softbank契約/利用で得したいなら知っておくべきこと

大手キャリア

乗り換え(MNP)/新規/機種変更それぞれ、Softbankで契約する際におトクな方法をまとめました。

方法とその仕組みも解説しているので、サクッと最適な方法が知りたい方は、最後の『まとめ』をご覧下さい。

そもそもどういった情報を見れば良いのか?

※おトクなキャンペーンを自分で探したい方の為の見るべきポイントについて解説しているので、自分で探さない方はスルーでOK

「どこで契約すればおトクなのか?」というのは誰もが迷うところであり、そもそもどうやって探したら良いのか分からない方も多いと思います。

ネットで検索すると、キャンペーン情報が多くてどこで申し込めばおトクか分かりにくいんだよね。

鬼B
鬼B

今からその事に関して解説していくよ

まず理解しておきたいのが、『申し込み窓口のキャンペーン』『その他のキャンペーン』に分けられることです。

ここで言う『申し込み窓口』とは、契約する場所のことを指しています。

上記画像で『併用店』と表記してしまっていますが、『併売店』の間違いです

『その他』というのは、例えばSoftbank公式が主催している学割キャンペーンや、メーカーが主催しているも端末購入時のポイント還元キャペーンなど、申し込む窓口に関わらず適用できるキャンペーンです

申し込み窓口のキャンペーンとは、『私たちのところで契約してくれれば○○円のキャッシュバックを差し上げます』というような、申し込む場所が限定されたキャンペーンです。

Softbank公式やメーカー主催のキャンペーンとは、『Softbankと契約すれば』『特定のメーカーを端末を購入すれば』特典を貰えるというキャンペーンなので、基本的に申し込み窓口が限定されていません

鬼B
鬼B

つまり、『申し込み窓口の独自キャンペーン』と、『その他のキャンペーン』は基本的に併用可能ということになります

ということは、自分で『どこで契約すればおトクなのか?』という情報を探したい時は、シンプルに、申し込み窓口の独自キャンペーンを比較すれば良いということになります。

鬼B
鬼B

あとで紹介しますが、ネットからの契約なら上限である20,000円のキャッシュバックを受けられるので『どこで申し込むか?』というのは調べなくても良いです
逆にネット契約に抵抗がある人は実際に足を使って各店舗を回って探す必要があります。

ちなみに併用できるキャンペーン、例えばSoftbank公式キャンペーンの場合は『申し込み時』、メーカー主催のキャンペーンは『端末を購入後に応募』という形が多いです。

なるほど!比較する時は申し込み窓口の独自キャンペーンだけに注目すれば良いわけか!

鬼B
鬼B

そうだね。簡単でしょ?

おトクに契約する為に見るべきポイント
 
・端末とのセット契約で20,000円に近い申し込み窓口
・Softbank公式やメーカー主催のキャンペーンが開催されているか?
鬼B
鬼B

さっき言ったようにネットで申し込めば基本的に一番おトクだから、どっかっていうと自分で調べるべきなのは、『いつ契約するか』だね。

新規/乗り換え(MNP)契約の場合

キャッシュバックや端末値引きの金額は、法規制の関係で上限が20,000円までとなっています。

なるほど。じゃあ20,000円に近いとこを探せばいいわけだね

新規/MNPの場合はネットから契約すれば上限である20,000円のキャッシュバックが受けられるので、わざわざ携帯ショップや家電量販店でおトクなキャンペーンを探し回る必要はありません

ネットからの契約の場合、選択肢は2つあります。

  • Softbank公式のオンラインショップ
  • Softbankのオンライン代理店

結論から言うと、公式よりもオンライン代理店の方が圧倒的におトクですが、中には『公式』という安心感に惹かれる方もいると思うので一応両方の詳細を書いておきます。

ちなみに、上記で『キャッシュバック上限は20,000円まで』と書きましたが、キャッシュバックを現金でなく、端末代金に充てる場合の規制上限は22,000円になります

へぇ!じゃあ現金キャッシュバックにしない方がおトクだね

Softbank公式オンラインショップ

Softbank公式オンラインショップでは3/13から『WEB割』という機種代金が21,600円割引になるキャンペーンが開催されています

※公式のキャンペーンではありますが、『Softbankオンラインショップ』という窓口の独自キャンペーンなので他の窓口から申し込んだ場合は適用できません。

(内容と条件)

  • Softbankオンライン窓口経由での乗り換え+端末購入で21,600円割引
  • メリハリプラン加入必須

の2つが条件です。

Softbankオンラインショップ

オンライン代理店



Softbankには幾つかオンライン代理店がありますが、いずれも新規/MNP契約でのキャッシュバック額は20,000円です。

公式ではなく、敢えて代理店経由で申し込むメリットは下記

  • 端末値引きではなく現金キャッシュバックが選べる
  • 現金キャッシュバックを選んだ場合、開通の翌週には貰える
  • 機種代金からの割引の場合は22,000円まで可能 ※確認済
  • プランの相談ができる

幾つかあるSoftbankのオンライン代理店の中でも個人的なオススメはスマホ乗り換え.comのキャンペーンです。

下記に挙げているメリットもそうなんですが、実際に問い合わせると、スマホ乗り換え.com以外キャンペーン(Yahoo!主催のPayPayボーナスライトキャンペーンとか)の案内やサポートをしてくれるので、『おトクなキャンペーンを取りこぼしたくない!』というような方にオススメです

(内容と条件)

  • 新規/MNP+スマホ購入で20,000円のキャッシュバック
    ※現金ではなく端末代金からの値引きの場合は22,000円まで値引き可能
  • ガラケーの場合は10,000円キャッシュバック
  • 端末とプランはどれでもOK
  • 申し込み時にキャンペーンコード「2222」を記載

スマホ乗り換え.com

なんで公式から直接買うより代理店経由の方がおトクなの?

鬼B
鬼B

うーん、実際に確認したことはないけど、公式がおトク過ぎると代理店が困るからじゃないかな?笑
内部の人間じゃないから本当のところはわからないけど、通信業界はだいたい公式から直接申し込むより代理店経由の方がおトクだよ。

機種変更の場合

新規/MNPの場合は20,000円っていうのは分かったけど、機種変更の場合はどうなの?

端末とセット購入で受けられる最大が20,000円と書きましたが、機種変更も同様です。

ただし、機種変更は新規/MNPと比べると店側にとって契約してもらうメリットが少ないので、当然還元額も低くなります。

たとえば、新規/MNP契約で上限まで還元を行なっているオンライン代理店では、機種変更は5,000円が相場ですので、もしも実店舗で契約したい場合は5,000円を目安にすれば良いでしょう

オンライン代理店

上記で既に書きましたが、オンライン代理店の機種変更の相場は5,000円です。

こちらも新規/MNPと同じく、スマホ乗り換え.comのキャンペーンをご紹介しておきます。

(内容と条件)

  • 機種変更で5,000円キャッシュバック
  • 全てのスマホ・ガラケーが対象/料金プランはどれでもOK!
  • 申し込み時にキャンペーンコード「2222」を記載

スマホ乗り換え.com

オンライン代理店以外での契約

実店舗に比べて経費が掛からないオンライン代理店の還元額が5,000円という事を考えれば、テナント料の掛かる携帯ショップや量販店で5,000円以上のキャッシュバックを貰うのは難しいでしょう

交渉をすれば別ですが、基本的に実店舗では機種変更でキャッシュバックを行なっていません

鬼B
鬼B

まぁ、新規/MNPと絡めてなら機種変更でキャッシュバックを貰える余地はあるけど、交渉するの面倒でしょ?

うん。面倒くさい 笑

オンライン代理店ではなく、Softbank公式で少しでも安く機種変更をしたいなら、Softbankのカスタマーサポートに電話して解約抑止クーポンを貰うことが現実的だと思います

大手キャリアでは、乗り換えに必要なMNP予約番号を取得する際に、引き止めとして次回機種変更使えるクーポンなどが貰えます。※ほとんど場合で貰える筈ですが、100%は保証しません。

鬼B
鬼B

要するに、『乗り換え』をチラつかせておトクにする交渉とも言えるね。

でも、交渉って難しいんじゃないの??失敗したら嫌だし・・・

鬼B
鬼B

いや、普通は「月額料金が高いから他社に乗り換えるのでMNP予約番号をください」と言えばOKだよ。ちなみにMNP予約番号取得=解約じゃないから、仮に発行してしまっても使わなければそのままSoftbankを使い続けられるよ。

カスタマーセンターへの電話で値引きする方法は、他社へ乗り換えの際に必要なMNP予約番号発券の為の電話をするだけです。

すると、カスタマーセンター側から乗り換えを踏みとどまってくれるような提案があります。

その内容は『次回機種変更で使えるポイント 』や『事務手数料3,000円の免除』など、時期により異なります。

鬼B
鬼B

ちなみに、私が最近電話した際に提案されたのは『事務手数料の無料』だったよ。

素直にオンライン代理店の5,000円キャッシュバックをもらった方がおトクだね 笑

普通に店に行って機種変更をするよりおトクとはいえ、電話する手間とその内容を考えれば素直にオンライン代理店で契約した方がおトクだと思います

あくまで、オンライン代理店を使いたくない場合の代替案として紹介しました。

鬼B
鬼B

ざっくりした流れとしては、だいたいの場合下のような感じです

電話で機種変更割引をする流れ

カスタマーセンターに電話をして、MNP予約番号を取得する旨を伝える→解約理由を尋ねられるので、「他社の方が安いので」などの理由を伝える→割引提案をされる

鬼B
鬼B

直接言える方は、ハッキリと「乗り換え予定なんですが、機種変更するメリットありますか?」などと伝えても良いかもしれません。

(電話番号)

  • ケータイから:*5533
  • 一般電話から0800-100-5533

※午前9時から午後8時まで

まとめ(おすすめの契約方法)

新規/MNP契約

これだけで実質33,000円分の還元を受けられます

これに加えて特定端末購入の場合はメーカーからの還元も受けられます

3/16現在開催されているメーカー主催のキャンペーンは下記の5G回線対応スマホの2機種(購入後にメーカー特設サイトから応募)。

上記2機種はいずれも、先着2万名までVRゴーグルが追加で貰えます。

ちなみに上記2機種は『トクするサポート+』の対象端末なので、実質半額で入手できます。
※『端末情報』や『トクするサポート+』については下記の記事をご覧ください。

「AQUOS R5G」「ZTE Axon 10 Pro 5G」のスペック比較
大手キャリアの中で一足早く料金プラン発表したSoftbankですが、3/27から申し込みがスタートする5G料金プランに合わせて発売される5G回線に対応した端末はAQUOS R5GZTE Axon 10 Pro 5Gの2機種となっています。そ

機種変更

  • 3G回線から4G/5Gに変える場合はこちらでクーポン取得
  • スマホ乗り換え.comで機種変更申し込み&クーポン提示(申し込み時にキャンペーンコード「2222」と記載)→5,000円キャッシュバック+10,000相当のPayPayボーナスライト

特定機種を購入の場合、メーカーからの還元も受けられます。(購入後にメーカー特設サイトから応募)

上記2機種は『トクするサポート+』の対象なので実質半額で入手可能です。

※『端末情報』や『トクするサポート+』の詳細については下記の記事をご覧ください。

【3/27〜】Softbankの5Gプランや端末が予想以上に安い!!
いよいよ3/27日からSoftbankの5G回線がスタートします。5G回線を利用するには、『5G基本料』と『5Gに対応したスマホ』が必要です。後述しますが、『5G利用料、2年間無料』のキャンペーンがあるので、まだまだエリアは狭いとはいえ、申

その他、Softbankと契約するならやっておいた方が良いこと

以下、いずれもとくに費用的な負担はありませんので、やっておくことを強くオススメします。

契約前にYahoo!クーポン取得

上記リンクから、事前にYahoo!クーポンを取得して、機種購入時に提示すると10,000円分のPayPayボーナスライトが貰えます。クーポンは実店舗でも、オンライン申し込み(電話でも可)でも使用できます。

PayPayのインストール/連結

ご存知QR決済アプリの『PayPay』は、「QRコード決済とかよくわからない!」という方であってもソフトバンクユーザーなら必須です。

  • PayPay残高は携帯電話料金の支払いに使える
  • 2年に1度1,000円相当のPayPayボーナスが貰える
    ※初回は3,000円分
  • 契約年数や利用状況に応じて、毎月最大5%還元をPayPayボーナスで貰える
  • 2020年4月12日から日曜日にPayPayモールでの買い物で最大20%、Yahoo!ショッピング/LOHACOでは最大16%が還元される
  • PayPayキャンペーンは基本的にSoftbankユーザーを優遇
  • Yahoo!プレミアム会員を無料で利用できる

このように、SoftbankのPayPay利用者には様々なメリットがありますが、「街で利用していなくてもトクする」ので、QRコード決済を利用する予定がない方もスマホにインストールしておいた方が良いです。

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)

PayPay-ペイペイ(キャッシュレスでスマートにお支払い)

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

鬼B
鬼B

ちょっと最初の連携だけが面倒ですが、逆に言えばそれだけやっておけば勝手にPayPayボーナスが貯まります 笑

PayPayの恩恵を受ける為には『スマートログイン設定(Softbankと紐付けしたサービスに自動でログインできるサービス)』と『Yahoo!プレミアム会員』になる必要があります。

(スマートログイン設定)

  • こちらのページアクセス
  • 『IDを新しく取得して使用する』か『ご利用中のIDではじめる』をタップ
  • 案内に従って設定

(Yahoo!プレミアム登録)

  • こちらのページにアクセス
  • 『IDを新しく取得して使用する』か『ご利用中のIDではじめる』をタップ
  • 案内に従って設定

(PayPayとの連携)

  • アプリをインストール
  • 『アカウント』→『外部サービス連携』をタップ
  • 『ソフトバンク・ワイモバイル』/『Yahoo! JAPAN ID』をそれぞれタップして連携

(PayPayで取得したポイントでSoftbankの料金を払う設定)

  • My Softbankへログイン
    ※Wi-FiをOFFにしておくと自動ログインできます
  • 合計金額の左の『未登録』マークになっている月の料金を表示し、『PayPayを利用する』をタップ
  • 『PayPay残高』で支払いする金額を入力し、『次へ』をタップ
    ※ 1回の支払い上限は10,000円まで。本体代金の割賦やソフトバンクまとめて支払いには利用不可
  • 利用する『PayPay残高』を確認し、『利用する』をタップ

おうちでんきへの切り替え

ソフトバンクユーザーで見逃せないサービスが『おうちでんき』です。

おうちでんきとは、ソフトバンクの電力サービスなのですが、従来の電力会社の使用料から1%割引されるので、今までと同じように電気を使用していても電気代が必ず節約できます

※おうちでんきではオール電化向けのプランが無い為、現在オール電化住宅向けプランに加入している場合は切り替えると高くなります

鬼B
鬼B

個人的には「必ず!」と言われると、疑ってしまうタイプなのですが、もともとの電気料金と同じ上にプラスして1%の割引がつくので『必ず』安くなります 笑

微々たる額とはいえ、とくに今までと変わることなく申し込みだけで1%割引になるので、それだけでメリットなのですが、おうちでんきには更に2つのメリットがあります。

  • Softbank1回線につき毎月100円割引
  • 初月の電気代無料

これだとトクしかないけどデメリットとかあるんじゃないの?

結論から言うと、おうちでんきに関してはデメリットはありません。

というのも、一応『1年の自動更新』という契約体系なのですが、解約時に掛かる料金はたった500円です

鬼B
鬼B

解約金の500円よりも初月0円の電気代の方が圧倒的にメリットあるでしょ?

いや、ほんとだね・・・こうもおトクだと疑っちゃうんだけど 笑

鬼B
鬼B

ここだけの話、実は私も直接ソフトバンクのとある方に聞いたんだけど、どうやら『おうちでんき』はソフトバンクに直接的なメリットはあまり無いみたいなんだけど、これを取っ掛かりに新規ユーザーを増やす作戦らしいよ

なるほどー。宣伝を兼ねてるのか。狙いを知って逆に安心した 笑

鬼B
鬼B

だよね 笑。実際それ聞いて今年の3月に申し込んだし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました