大手キャリアの旧プランから新プランに移行して解約するとどうなる?

大手キャリア

2019年の10月以降、違約金上限が1,000円へと大幅に引き下げられたり、キャリアによっては違約金や2年の定期契約を完全撤廃しています。

ただし適用されるのは新料金プランが対象なので、大手キャリアで旧プランを使っている方はできる限り新プランへ移行するべきです

乗り換えしたくても、違約金が足を引っ張ってることって多いですもんね。

中には「旧プランから新プランに一旦移行してから解約したら1,000円で収まるんじゃないか・・・」と考えている方もいるでしょう。今回はそんな方向けの記事になります。

旧プランから新プランへの変更には違約金は掛からない?

違約金というのは、2年の定期契約を満了するまでに、その契約を解除した際に発生するものです。

つまり、旧プランで2年の定期契約をしていた方は新プランの2年の定期契約に変更してもプラン変更による違約金は発生しません

鬼B
鬼B

新プランに変更すると、旧プランで効いていた端末購入の割引が消える可能性があるので、スマホ代金の割賦が残っている方は、毎月どれくらいスマホ代金に対して割引が効いているのか必ず確認しておきましょう

新プランに変更してすぐに解約するとどうなる?

  • Docomo・・・違約金9,500円が発生する場合がある
  • au・・・利用期間に関わらず旧プランの違約金は発生しない
  • Softbank・・・利用期間に関わらず旧プランの違約金は発生しない
鬼B
鬼B

つまり、他社への乗り換えや解約を検討しているauとSoftbankユーザーの場合は、新プランに移行することで違約金を1,000円に抑えることができます。ちなみにプラン変更は翌月から適用されるので注意。

Docomoで旧プランから新プランに移行する際の注意

Docomoでは、2019年9月30日までの契約者が新プラン(ギガホ,ギガライト )に移行しても旧プランの契約条件を引き継ぎます

たとえば旧プランから新プランに変更して、翌月に解約したとしても、違約金は1,000円ではなく9,500円になります

要するに新プランに変更しても、契約期間は旧プランと同じままであり、旧プランの更新月を迎える必要があるというわけです。

鬼B
鬼B

Docomoの場合は、新プランに変更後すぐに解約という手段がとれません。結局旧プランの更新月に左右されるので、解約前提で新プランに移行するメリットはありません

まとめ

乗り換えや解約前提で新プランに変更する場合、au/Softbankユーザーは新プランに移行して翌月に解約しても違約金は0円〜1,000円。

Doconoの場合は、旧プランの更新月を待つ必要がある。

共通の注意として、新プラン変更前に端末割引が消える可能性があるので、どんな割引が端末についているのか確認しておくこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました