【4/8開始】楽天回線の楽天モバイルの料金とメリット・デメリット

大手キャリア

先日、LIVEストリーミングにて楽天回線版の楽天モバイルの詳細が発表されました。

楽天では現在、Docomo/auの回線を間借りしたMVNO(格安SIM)として楽天モバイルを運営していますが、今回発表されたのはDocomo/au/Softbankに続く『第4のキャリア』として、独自の基地局を使った回線で運営するMNOとしてのサービスです。

尚、現在サービスを提供しているMVNOの楽天モバイルについては4/7を以って新規受付を終了するそうです。

楽天モバイルの料金や内容は?

今回発表されたMNO版楽天モバイルの料金についてですが、プランは『Rakuten UN-LIMIT』1つのみというシンプルなもの。

プラン名Rakuten UN-LIMIT
月額2,980円
300万人については月額基本料金を1年間無料
対象数は増減の可能性あり
データ量楽天回線エリア内:無制限
パートナーエリア:2GBまで
通話料20円/30秒
通話料2
※LINKアプリ利用時
国内通話:無料
海外から日本:無料
海外宛て:980円/月額
初期費用3,300円
最低利用料金なし

『1年間無料』になる300万人については先着では無いようです。

どのような形で300万人が選ばれるのかは分かりませんが、1年間無料目当てで申し込むにはリスクが大きいと思います(最低利用期間が無いとはいえ)。

無料じゃなくてもメリットを感じた場合にのみ申し込むことをオススメします。

さて、楽天モバイルの内容についてですが、『データ無制限』且つ『かけ放題』で月額2,980円というのはかなり魅力的な内容です。

しかし、気になるのはどこまでがデータ無制限で使える楽天回線のエリアなのか?ということですよね。

また、現時点でiPhoneでは楽天LINKアプリが利用できない為、楽天モバイルのメリットを活かせません

楽天Link(ベータ版)

楽天Link(ベータ版)

Rakuten Mobile, INC.無料posted withアプリーチ

現在の楽天回線のエリアは主に東名京阪地域

現在、楽天回線は主に東名京阪地域が対象になっています。

※楽天回線の自社エリアは下記の濃いピンク

東京23区を中心に千葉/埼玉/神奈川の一部周辺地域
名古屋
京都
大阪と兵庫の一部地域

まだまだ楽天の自社回線エリアは少ないですね。

楽天エリア対象外の人にとっては楽天モバイルはお得なのか?

1年間無料の300万人に選ばれた場合は、それだけでお得ですが、そうでない場合。

楽天回線の対象外エリアではデータ通信の上限が2GBになってしまうので、ほとんどの方にとっては『2GB 2,980円』ということになります。

なんだか高いような気がしなくもないですが、前述の通り、楽天モバイルでは楽天LINKアプリ利用時なら国内通話や、海外から日本への通話が無料です

その為、データよりも通話がメインという方にとっては極端に高い料金では無いと思います

例えば下記は『かけ放題』目線で見た携帯会社の料金比較記事ですが(※Softbankだけ料金が古いです)

単純に料金だけなら楽天モバイルが一番安く抑えられます

鬼B
鬼B

デュアルSIMスマホで、通話は楽天モバイル、データは他社のデータSIMで運用するという手も考えられますね。

とはいえ、通信障害なども含めて実際に正式サービスが始まってみないことには分からない点も多いので、快適に使えるか?というと何とも言えませんが。

楽天モバイルの正式サービスの開始は4/8からですが、新規契約については既に公式サイトから事前申し込みを受け付けています。(乗り換えについては4/8から受け付けスタート)

楽天モバイル公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました