楽天モバイルの特徴と料金プラン解説

格安SIM

楽天モバイルは大手通販サイト『楽天市場』が運営しているMVNOです。※2020年の4月に自社回線でのサービス提供を予定。

そのため、楽天市場/楽天カードなど、楽天が手がける様々なサービスとの連携をすることでそのメリットをフル活用することができます

3/4更新
3/3に楽天モバイルの楽天回線が4/8からスタートするとのアナウンスがありました。また、現在提供しているMVNOについては4/7を以って新規受付を終了するようです。

楽天モバイルの特徴

支払いにも使える楽天スーパーポイントが貯まりやすい
日頃から楽天を利用している方にはメリット大
データを使い切ったあともそこそこ速い
低速-高速モードの切り替え可能
違約金(縛り)なし
au回線を選ぶメリットがほぼ無い
全体的にサポート体制が不親切
鬼B
鬼B

楽天モバイルは『如何に楽天ポイントを上手く使うか?』によってお得度が大きく変わります。サイトの見づらさやマイページの広告など、全体的にユーザーに不親切なのはデメリットです。

楽天モバイル公式サイト

楽天モバイルの基本情報

楽天モバイルには『10分かけ放題』がついたプランと自分で通話料金を組み合わせできる『組み合わせプラン』の2種類があります。

『スーパーホーダイ』

スーパーホーダイは10分電話かけ放題がコミのプランです

料金プランは『楽天ダイヤモンド会員』『楽天会員』『楽天非会員』の3つでそれぞれ料金が異なります。

スーパーホーダイプランはDocomo回線のみ

プラン名ダイヤモンド会員
1年目
楽天会員
1年目
楽天会員でない方
1年目
2年目以降
プランS
2GB
980円1,480円2,980円2,980円
プランM
6GB
1,980円
(初月980円)
2,480円
(初月1,480円)
3,980円
(初月2,980円)
3,980円
プランL
14GB
3,980円
(初月980円)
4,480円
(初月1,480円)
5,980円
(初月2,980円)
5,980円
プランLL
24GB
4,980円
(初月980円)
5,480円
(初月1,480円)
6,980円
(初月2,980円)
6,980円

上記のプラン表を見ていただければわかる通り、ダイヤモンド会員なら月額2,000円割引、楽天会員でも月額1,500円の割引が、それぞれ1年間有効です

鬼B
鬼B

楽天会員は無料で登録できるものなので入らない理由はありません。『ダイヤモンド会員』とは、その楽天会員のランクの事を指します。月々の引き落としを『楽天カード』に設定しておくと割と簡単に到達できます。

データ制限が掛かってもそこそこ使える!

スーパーホーダイ・プランでは、データを使い切ったあとも最大1Mbpsで通信可能です。言い換えれば、スーパーホーダイ・プランでは最大1Mbpsのデータを使い放題できるとも言えます。

WEBサイトの閲覧は勿論、高画質再生でなければ動画再生もそれほどストレス無く観れます。(※当然、感じ方に個人差はあります)

楽天モバイル1Mbpsの低速通信でYouTube動画をサクサク見れるのかを検証した結果

ただし、12:00~13:00と18:00~19:00の混み合う時間帯は300kbpsに制限されます。

鬼B
鬼B

楽天モバイルでは、データを使い切る前でも敢えて低速モードに切り替えることができるので、日頃から最大1Mbpsの低速モードを利用するようにして、混み合う時間だけ逆に高速データ通信を利用すれば、どの時間帯も快適に利用することができます

『組み合わせプラン』

組み合わせプランの料金は下記。

鬼B
鬼B

『データSIMがいい』という方『au回線を使いたい』という方以外は、基本的にはスーパーホーダイの方がお得です

楽天モバイルの通話料金について

通常は30秒ごとに20円ですが、専用の通話アプリからの発信すると30秒ごとに10円になります。

楽天でんわ

楽天でんわ

Rakuten Communications Corp.無料posted withアプリーチ

申し込みの流れ

データシェアオプションや追加SIMについて

楽天モバイルは月額100円でデータシェアオプションを利用できます。※Docomo回線のみ利用可

データシェアは、その通りグループ間でデータ量をシェアするというもの。

楽天モバイルには追加SIM(シェア専用のデータ量0のSIM)がありませんので、1人で複数台の端末を使いたい場合でも、それぞれデータ契約もしないといけません

その為、『データシェア前提』で使うにはそこまでお得度は高くありませんが、例えば家族などで『もともと個別で使っていたけどデータシェアが必要になった』際などは月額100円追加するだけで良いので手軽です

鬼B
鬼B

現実的には『組み合わせプランのベーシックプラン』あたりになるかと。つまり最安でも追加でデータシェア用にSIMを契約する場合は1枚あたり525円+100円=625円/月が掛かることを頭に入れておきましょう。その際もちろん、初回に事務手数料も掛かります。

楽天モバイルを利用するなら楽天カードは必須!!

楽天モバイルは100円ごとに1ポイントが楽天スーパーポイントとして付与されます。

それとは別に、楽天カードの通常のポイント還元は1%です。

つまり、その2つを利用することにより楽天スーパーポイントの貯まり方が倍になります。

楽天スーパーポイントは1ポイント1円で支払いに使えるので、これだけでだいぶお得なのですが、これが『楽天市場での買い物』になると更にメリットがあります。

楽天市場での購入・・・通常1倍
楽天モバイル利用(音声SIM)・・・+2倍
楽天カード利用・・・+2倍
楽天市場アプリからの購入・・・+0.5倍

楽天市場での決済を楽天カードにし、楽天モバイルの音声SIMと契約していると、それだけで楽天市場の買い物で5倍になり、ブラウザではなく専用アプリから購入するだけで+0.5倍の計5.5倍になります。

その他、『楽天証券』『楽天トラベル』の利用などで最大16倍にまでなります。

加えて公共料金の支払いなどを楽天にしておけばその分もポイントとして還元されるため、毎月ポイントがざくざく貯まります。

鬼B
鬼B

ちなみに楽天カードは、『年会費永年無料』『入会で5,000ポイントが貰える』ので作っておいた方が良いです。私も基本的に楽天カードを利用しています。

楽天カードに申し込む

契約に関するあれこれ

楽天モバイルで使えるスマホはどれ?

楽天モバイルはDocomo/au回線を提供している為、DocomoスマホならDocomo回線を、auスマホならau回線をそれぞれSIMロック解除なしで使えます。※一部古い端末などの場合はSIMロック解除しないと使えない可能性があります。

不安な方は契約に公式サイトの対応端末から確認しておくことをおすすめします。

鬼B
鬼B

『SIMフリー』『SIMロック解除済』端末なら基本的には使えますが、日本向けに作られていない海外端末の場合はそもそも端末が日本の帯域に対応していない可能性もあるので注意が必要です。詳細はこちら

最低利用期間

2019年10月1日以降に契約した方は、最低利用期間/違約金ともに不要。※スーパーホーダイ/組み合わせプラン共に0円

契約する際に必要な費用

  • 事務手数料・・・Docomo回線 3,394円/au回線 3,406円

解約時に掛かる費用

乗り換え(MNP)の場合・・・3,000円

楽天モバイルの支払い方法

楽天モバイルは以下の方法で料金の支払いが可能です。

  • クレジット/デビットカード
  • 口座振替※端末・アクセサリー以外

クレジットカードかデビットカードの支払いに設定しておくと、楽天スーパーポイントで料金の一部、または全額を支払うことも可能です

(上限・・・楽天会員:30,000ポイント / ダイヤモンド会員:500,000ポイント)

鬼B
鬼B

楽天カードを利用者なら楽天ポイントが毎月入ってくるので、そのポイントを月額料金に充てることにより、料金プラン以上に安く感じる筈です。

楽天モバイルの割引情報

プラス割特典

通話SIMを利用の方は、2回線目の申し込み時に『プラス割』という割引を受けることができます。

通話SIM

『SIMのみ契約』の場合は5,000円キャッシュバック

または

『スマホとセットの契約』の場合は端末から5,000円割引

データSIM

『SIMのみ契約』の場合は3,000円キャッシュバック

または

『スマホとセットの契約』の場合は端末から3,000円割引

楽天モバイル公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました